訃報~レイ・ブラッドベリ

「火星年代記」の米作家ブラッドベリさん死去
【ロサンゼルス=西島太郎】AP通信によると、米国を代表する作家、レイ・ブラッドベリさんが5日、カリフォルニア州ロサンゼルスで死去した。

91歳だった。死因は明らかにされていない。

1920年イリノイ州生まれ。SF、怪奇、幻想小説など幅広い作品を手がけた。詩的で叙情豊かな作風が人気を呼んだ。代表作の長編「火星年代記」は、日本を含む世界30か国以上で出版された。このほか、「華氏451度」、短編集に「黒いカーニバル」、「刺青の男」、「ウは宇宙船のウ」などがあり、47、48年に2年連続でO・ヘンリー賞を受賞した。(YOMIURI ONLINE)


R・ブラッドベリ氏が死去、「火星年代記」の米SF作家
「火星年代記」や「華氏451度」などで知られる米SF作家レイ・ブラッドベリ氏が5日、ロサンゼルスで死去した。91歳だった。

米出版社ハーパーコリンズの広報担当は、「ブラッドベリ氏は長らく患っていた病気の末、安らかに息を引き取った」と明らかにした。

イリノイ州ウォーキーガンに生まれ、父親の求職で10代にロサンゼルスに転居。大学には進まず、図書館で読書をするなどして独学で知識を身に付け、雑誌向けに執筆活動を始めた。

出版した500点以上の作品には、単なるSF作品の要素だけでなく、文学的なセンスも盛り込まれ、1953年発表の「華氏451度」では未来社会における書物の検閲が描かれた。(朝日新聞)


SF作家のレイ・ブラッドベリさん死去 「火星年代記」
「火星年代記」「たんぽぽのお酒」など文芸の香り高い作品で知られ、SFの叙情詩人と称された米国の作家レイ・ブラッドベリ氏が5日、ロサンゼルスで死去した。91歳だった。死因などは不明。
高校を卒業後、新聞売りをしながら各種雑誌に作品を投稿。1947、48年とO・ヘンリー賞を受賞し、短編の名手の名声を獲得した。
地球人の火星探検、植民記「火星年代記」(50年)では想像力と文章家としての力を見せた。短編集「10月はたそがれの国」(55年)、「たんぽぽのお酒」(57年)など、現代と未来、現実と空想の間を自在に行き来する詩的な幻想性に満ちた小説で読者を魅了した。「(SFとは)いまだ建たない都市について、その歴史を書くこと」を持論とし、長編「華氏451度」(53年)では、情報を徹底的に国家が管理し人々の自由な読書をも禁じた未来社会を描いた。トリュフォー監督によって映画化され、日本でも公開された。(BOOK asahi.com)


訃報:レイ・ブラッドベリさん91歳=米SF作家
AP通信などによると、SF小説の古典的名作「華氏451度」などで有名な米国のSF小説の巨匠、レイ・ブラッドベリさんが5日夜、ロサンゼルスで死去した。91歳だった。ブラッドベリさんの娘アレクサンドラさんが6日、明らかにした。長く闘病生活を送っていたが死因は不明。

ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は「現代のSF小説を小説の主流に押し上げた」とたたえた。

1920年、米イリノイ州生まれ。少年時代から雑誌に投稿、米ソ冷戦や子供のころの夢から着想を得て多くの作品を書き上げた。地球人の火星探検・植民をテーマとした「火星年代記」などで名声を確立。(毎日jp)


ちなみに、最初の記事にある「ウは宇宙船のウ」の原題は、"R is for Rocket"。ほかに、「スは宇宙(スペース)のス」("S is for Space")なんてぇのも、ある。

>「ウは宇宙船のウ」

わりと最近まで、萩尾望都のオリジナルだと思ってました。
[ 2012/06/08 00:33 ] [ 編集 ]

Re: 中川@やたナビ さん

>「ウは宇宙船のウ」

この邦題、どうかと思いますけどね。でも、文句なしにおススメです。
[ 2012/06/08 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/544-4b29242c