スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

吉祥寺(その1)

吉祥寺と言っても、住みたい町のアンケートで不動の人気を誇るあの町、のことではない。
文京区本駒込にある曹洞宗の寺院、諏訪山吉祥寺である。

吉祥寺

とはいえ、あの町と無縁なわけではない。
17世紀の中頃、江戸の度々の大火を切っ掛けに、諏訪山吉祥寺の門前の住人たちが、武蔵野に移住して開拓した。つまり、この諏訪山吉祥寺が、吉祥寺の地名の由来となったのである。
ところで、僕はこの寺を、ずっと「きっしょうじ」だと思っていたのだが、(そして、改めていろいろ検索してみても、「きっしょうじ」と紹介しているサイトは少なからずあるのだが、)文京区のホームページで「きちじょうじ」と訓んでいるから、それが正しいのだろう。

お七吉三比翼塚。

吉祥寺

ここが八百屋お七と吉三が出会った寺だからなのだが、実はそれをここ吉祥寺とするのは西鶴の創作によるもので、史実ではないらしい。

さて、この寺にいる狛犬。

吉祥寺 吉祥寺 
吉祥寺 吉祥寺

口の中に、玉がある。

吉祥寺

噛み付いてぶら下がっている子獅子。

吉祥寺

そんなに引っ張ることもないけれど、ネタを小出しにする。「吉祥寺」の項、続く。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/07/03 18:11 ] 狛犬 東京/文京 | コメント(0) | TB(1) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/554-30a0d54d


吉祥寺(その2)

「吉祥寺(その1)」の続き。 参道脇に鐘楼がある。 その鐘楼の裏手に、古い経蔵がある。 この経蔵は、貞享3年(1686)に建造したものが、安永7年(1778)年に焼失。焼け残った礎石...
[2012/07/08 21:45] URL HOSHINA HOUSE








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。