吉祥寺(その2)

吉祥寺(その1)」の続き。

参道脇に鐘楼がある。

吉祥寺

その鐘楼の裏手に、古い経蔵がある。
この経蔵は、貞享3年(1686)に建造したものが、安永7年(1778)年に焼失。焼け残った礎石を基に、文化元年(1804)に再建されたものという。都内に残る江戸時代建造の唯一の経蔵だそうで、文京区指定有形文化財になっている。

その経蔵の前に、虎がいる。

吉祥寺 吉祥寺

弘化4年(1847)製。
虎だけに、縞模様が刻んである。

吉祥寺

それで、経蔵はと言うと、鬱蒼とした木に覆われていて、こんな写真しかない。

吉祥寺

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/07/08 21:45 ] 狛犬 東京/文京 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

こんばんわ!!
 私は桜の花と経蔵を撮ろうとしたのですが、木に覆われ思ううように撮れなかったです。
[ 2012/07/10 21:26 ] [ 編集 ]

Re: だまけん さん

木が鬱蒼としていること自体は、とてもスバラシイのですが、写真を撮ろうと思うと…。
[ 2012/07/10 22:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/556-8077ee0b