富賀岡八幡宮

富賀岡八幡宮(江東区南砂)。

富賀岡八幡宮

同じ江東区に、有名な富岡八幡宮があるが、ここが元々富岡八幡宮を勧請した地で、寛永(1624~43)の頃に深川に移ったのだとも言われているらしい。それで、このあたりを元八幡とも称す。

神輿庫にある、立派な獅子頭。

富賀岡八幡宮

古そうな狛犬。

富賀岡八幡宮 富賀岡八幡宮 
富賀岡八幡宮 富賀岡八幡宮

台座の文字はほとんど剥落して読み難いのだが、かろうじて「享」らしき字がある。
作風から見て、流石に享保(1716~1736)とは考えられないので、享和(1801~1804)だろうか。

ほかにも古いものがある。
文政2年(1819)建立の出羽三山碑と、享保8年(1723)の石塔。

富賀岡八幡宮 富賀岡八幡宮

そして、登りやすそうな富士山…と思ったら、登頂禁止だった。残念。

富賀岡八幡宮

「自己責任」との懸詞かと推定する。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/07/11 22:45 ] 狛犬 東京/江東 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

おはようございます。

吽の少し上向き加減の顔が、どこか遠くを見つめているようでいいですね。

年代も感じさせる良い狛犬ですね。
[ 2012/07/12 05:02 ] [ 編集 ]

Re: たっつん さん

飛び抜けたインパクトがあるわけではないですが、静かな、落ち着いた感じで良い雰囲気です。
[ 2012/07/12 21:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/557-c7fd0351