文楽鑑賞

「文楽鑑賞」などというタイトルを付けてはいるが、僕が文楽を見た話ではない。見に行ったのは、このお方である。

橋下市長:文楽を鑑賞 「台本が古すぎる」と苦言

文楽協会への補助金凍結を表明している大阪市の橋下徹市長は26日夜、国立文楽劇場(大阪市中央区)で文楽の古典「曽根崎心中」(近松門左衛門作)を鑑賞した。橋下市長は鑑賞後、記者団に「古典として守るべき芸だということは分かったが、新規のファンを広げるためには台本が古すぎる」と苦言を呈し、演出方法を現代風にアレンジするなどの工夫を求めた。
橋下市長は大阪府知事だった09年に初めて鑑賞した際、「二度と見にいかない」と酷評した。この日は、「もう一度古典を見たい」と鑑賞した。
市は今年度の補正予算案で、文楽協会への補助金を昨年度比25%減の3900万円計上。橋下市長は技芸員(演者)が公開での面談に応じなければ補助金を支出しないとの考えを表明し、非公開での面談を求める協会側とのすれ違いが続いていた。この日は、鑑賞後に技芸員の楽屋も訪れ、非公開で懇談。公開での面談を改めて要望したという。 (毎日jp)


橋下市長「グッとくるものない」と辛口文楽批評

橋下徹大阪市長は26日、4年ぶりに同市中央区の国立文楽劇場に足を運んだ。
集客に努める文楽協会の姿勢を評価し、初鑑賞後に「二度と見ない」としていた態度を一転、人間国宝の竹本源大夫さんらが出演する「曽根崎心中」を鑑賞した。しかし、「守るべき古典芸能だとはよく分かったが、ラストシーンでグッと来るものがなかった」と相変わらずの辛口批評。鑑賞後は技芸員(演者)とあいさつを交わしたものの、協会への補助金支給につながる進展は見られなかった。
鑑賞後は竹本さんら人間国宝の3人の楽屋を訪ね、あいさつ。市からの補助金支給の条件とする公開での意見交換を再度求めたが、いずれの演者からも明解な回答は得られず、逆に「文楽は大阪でしかできない、大阪でやっていく芸能だ」と文楽保護の必要性を強調されたという。 (YOMIURI ONLINE)


毎度毎度、政治向きのことは極力書くまいと思っているのだが、このお方が何か発言するたびに、どうにも堪え性がなくなってしまう。

曽根崎心中を現代風にリメイクして上演することはかならずしも否定しない。文楽振興のための一案としては、検討してみる価値があるかもしれない。
が、そのことと、昔ながらの曽根崎心中に価値があるか否かとは、別の事柄である。

特定の芸能団体を地方自治体が財政支援すべきかどうか、あるいは、文楽が支援に値する価値を持った芸能かどうか、ということについて議論があること自体は悪いこととは思わないけれども、「グッとくるものがない」という、単なる個人的な嗜好で、物事の価値を決めてしまうことは、到底、できるものではない。
オリンピックのサッカーで日本がスペインを撃破しても、グッと来ない人は来ないのである。だが、そういう人が1人でもいたら、サッカー日本代表には価値がない、ということにはならない。

個人的にグッと来るものに補助金を出すというのなら、ストリップ小屋にでも出すが良い。
一瞬、エントリのタイトルを、「あぁ、グッと」にしようかとも思ったのだが、出典を判ってくれる人はほとんどあるまいから止めにした。
[ 2012/07/27 23:32 ] 理屈・屁理屈 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

本当に日々の彼の発言には、一言突っ込みたくなるようなことばかりで・・・一々反応していたら自分のブログの質が変容してしまうぐらい、こっちからも言いたいことが・・・(笑)。

来る日も来る日もマスコミには彼のみの言動が・・・最近では彼の顔がテレビに映るたびに、チャンネルを変えて・・・そしてその先にもまた彼の顔がなんて状態で困っています。

他の市町村の首長だっていろいろと言っているんでしょうが(彼の発言については奈良の知事さんなんかは結構批判的にとらえているようなんですが)・・・一種の言論統制にマスコミも巻き込まれてしまっていて・・・ここを打破出来鳴ければとは思うのですが・・・・
[ 2012/07/28 22:58 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

> 一々反応していたら自分のブログの質が変容してしまうぐらい、こっちからも言いたいことが・・・(笑)。

本当にそうなんですよね。
だからかなり抑えに抑えているんですが、「そりゃいくらなんでも…」と思うものには、どうしても反応してしまいます。

> 他の市町村の首長だっていろいろと言っているんでしょうが…

首長が当たり前に発言していれば、よほどの大事件・大事故が起こらない限り、一般ウケするような内容になりにくいですからね。
[ 2012/07/29 22:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/566-59968a29