ぢいちゃまの牛

既に新学期が始まっているところも多いだろうが、わが墨田区の区立学校では、今日までが夏休みである。
夏休みと言えば宿題が付き物で、特に終盤になると、大変な思いをしている人〜これは当の子供だけではなく、それに付き合う大人もである〜も多いだろう。
それでこの時期、駈け込み需要で「読書感想文の書き方」の各エントリへのアクセスが増加するのが恒例になっていて、大袈裟に言えば、僕にとって夏の終わりを実感する風物詩になりつつある。
他人事のように言ってはいるが、むろん我が家も例外ではなく、夏休み中で僕が最後の休みの昨日は、1日娘と息子の宿題に付き合った。

さて、話は遡るが、僕が中学生の時、美術の宿題で、静物画を書かなければならなかった。提出日の前夜、切羽詰まって家にあった牛の置物を描いていたのだが、どうにも上手くない。
見兼ねた父親が、手伝ってくれて完成したのは良いのだが、光の当たり具合、影の出来具合を絶妙に描き加えたので、結果、到底僕が描けるようなレヴェルの画ではなくなってしまった。
だからと言って、もう一度書き直すような時間も既にない(ないから、父親が手伝ってくれたのである)し、仮に時間があったとしても、書き直したりしたら折角手伝ってくれた父親に申し訳ない。それで、気は進まないけれども、そのとても出来の良い画を、そのまま提出することにした。
それを見た先生も、僕が本当に自力で書いたものなのかどうか、普段の画を見ていれば判りそうなものなのだが、何故か、優秀作品として図工室だったかどこかに飾る何枚かの1枚に選ばれてしまった。
誰からも、僕が描いたことを疑うようなことを言われた覚えはないのだけれども、それを見る度にどうにも恥ずかしいような、いたたまれないような気分になって、こっそり剥がして捨ててしまいたいような気がしたものである。

我が家では、その話を「ぢいちゃまの牛」と言う。それは、「お父さんの子供の頃の楽しい笑い話」ではあるのだが、それと同時に、僕が子供の宿題に直接的に手を入れないことの宣言でもある。要は、お父さんはやってあげない、宿題は自分でやれ、ということである。
子供が自力でできるようになるヒントだとか、何をどう調べたら良いかを教えることは、可能な限りしているつもりではあるが、だからと言って、子供が宿題を仕上げるのが楽になるということはない。むしろ、僕が目を光らせているから、適当に終えられない分、かえって大変かもしれない。
もちろん、僕にとってもやってあげる方が楽なのだが、僕が楽するためにそんなことをするくらいなら、いっそのこと、放ったらかしておいて何も教えない方がマシである。
親が楽をしようとしたら、子供のためにならないのである。

ともあれ、明日から9月である。
[ 2012/08/31 23:32 ] 自然・季節 風物詩 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/587-b37b1afc