『小さいおばけ』

オトフリート・プロイスラー『小さいおばけ』

小さいおばけ

今を去ること7~8年、長女がまだ幼稚園の頃のこと、『大どろぼうホッツェンプロッツ』シリーズと同じ作者の書いた話ということで、近くの子供図書館で借りて来た。
貸出し期限が来て返してしまったので、半分くらいまでしか読めなかった…僕が。子供は読んだので、継続して借りて来ることもなく、中途半端な気分だった。読みさした感触では、間違いなく面白そうだっただけに、なおさらである。
それで、いっそのこと買おうと思って書店に行ったのだが、図書館にあった大塚勇三訳の本は、絶版になっていた。
幸いなことに、はたさわゆうこによる新訳が出ていたのだが、プロイスラーと言えば大塚勇三である。それに、近年の訳は、どうにも締まらない文章でがっかりすることが少なくないから、買うかどうか少々迷った。が、新刊ではこれしか買うことができないのだから、仕方がない、諦めて買うことにした。
ところが、読んでみると、実に良い訳だった。子供に阿って無闇に易しくし過ぎることもなく、かと言って難しくもなく、テンポのある文章が、作品の面白さを引き立てている。

ドイツのフクロウヤマに暮らす小さいおばけ。夜中の12時から1時までの「おばけ時間」だけ起きていたのだが、ある日突然、昼の12時に目が覚めて昼おばけになってしまう。それが原因で起こる騒動の数々…!
そんなある日、小さいおばけの目の前に、325年前に追い払ったスウェーデンの将軍トルステン・トルステンゾンが再び現われる。…
小さいおばけは、何故突然昼おばけになってしまったのか。そして無事元の夜おばけに戻れるのか…?

先日、家でゴロゴロしていた時、手の届くところにあった本書を再読したのだが、何度読んでも楽しい、児童文学の傑作である。
[ 2012/10/15 23:23 ] 本と言葉 子供の本 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/614-2e61b61c