スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

最古のひらがな

最古のひらがな 9世紀後半の土器に墨書
最古のひらがな

京都市中京区の平安京跡にある平安時代の有力貴族邸跡で出土した9世紀後半の土器片から、多数の平仮名の墨書が見つかり、京都市埋蔵文化財研究所が28日、発表した。平仮名は勅撰和歌集「古今和歌集」や「土佐日記」が編集された10世紀前半に確立したと考えられてきたが、通説より半世紀程度早く完成したことを示す一級の発見。完成された平仮名の文書としても最古とみられる。

土器は、右大臣を務めた藤原良相(813~67)邸跡で昨年11月に出土。庭の池(20メートル四方)に張り出した「釣殿」とみられる建物跡の周囲から、9世紀半ばから後半にかけての特徴を持つ皿や高坏など墨書土器の破片約90点が見つかり、うち20点で計約150字の平仮名が書かれているのを確認した。(YOMIURI ONLINE)


文字の歴史について詳しくはないから、コメントは差し控えるけれども、興味深い発見であることには間違いない。
なお、記事に出て来る藤原良相(よしみ/よしあう)は、あまり聞いたことがない、という人も多かろうけれども、藤原冬嗣の子、良房の弟に当たる人物である。その子に、国経・基経(良房の養子となる)・高子(清和帝后)がいる。伊勢物語を良く知っている人には、お馴染みのことだろう。

なかなか興味深いものが出てきましたよね。
私なんか文字史にはからっきしで・・・万葉仮名の読みとくことが学生の自分の専門だったから恥ずかしい限りなんですが・・・

そんな私でも、ものすごい発見であることはなんとなく感じます。
[ 2012/11/30 20:30 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

今回の発見は、国語史や国文学史が覆るようなものではない(と僕は思う)のですが、業平の書いていたのは草仮名でなく、こういう仮名だったのか、というようなことを思ってみれば、少々想像力が脹らまないでもありません。古今集も、こんな仮名で書かれたんですよ、きっと。
[ 2012/12/01 00:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/631-317dce49










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。