スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

巳年の年賀状

今年も残すところ半月ばかりになり、早くも年賀郵便の受付が開始された。
僕は例年、年賀状にあちらこちらの神社仏閣で撮影したものの中から、干支に関連した写真を探して使っている。
たとえば、子とか亥とか卯とか…。

ただし、中には難しい干支もある。
「戌」は、コマイニストなら困ることはないはずだ、と思われるかもしれないが、狛犬は犬ではない。いや、ないことはないが、ふつう、犬には見えない。だから、年賀状に狛犬の写真が入っているのを見て、それが「戌」だと思ってもらえるとは限らない。狛犬好きが、趣味の写真を見せびらかしているだけだと思われるのがオチである。
「未」もなかなか難しい。十二支の中に入っているのだから、古くから馴染のある動物のはずだが、あまり日本の伝統文化の中には、羊は入り込んでいないようである。それで、神社仏閣に、羊の置物があることは稀である。

もうひとつ、来年の干支の「巳」である。これもなかなか難しい。
蛇の信仰は古くからあるから、蛇に関連するものはあちらこちらで見出せる。そして、それらの写真もないわけではない。
が、何せ蛇である。などと違って、正月らしい威勢の良い感じもしないし、リアルに出来ていればいるだけ、気持ちの良いものでもない。それで、年賀状素材にするのは躊躇されるのである。

で、結局のところ何を言いたいかというと、要は年賀状をまだ書いていない、ということである。もっとも、巳年でなくても、まだ書いていないのに違いない。
[ 2012/12/15 11:30 ] 自然・季節 風物詩 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

確かに「巳年」は難しいですよね。
リアルにすればするほど気持ちが歩く、正月早々って苦情が来そうだし、私のような年になってかわいらしい蛇さんのイラストにするわけにもゆかず・・・

ということで、私もまだ書いていません。毎年、紅白を見ながら書いているんですよ。
[ 2012/12/16 07:42 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

巳年の素材、一応候補はあるんですが、一部の判る人には判るとしても、大半の人には判ってもらえなそうで、躊躇しています。どうしようかなぁ…。
[ 2012/12/16 11:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/643-58b65389










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。