スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

木母寺あるいは巳年年賀状素材

正月気分もほとんど薄れて来たのを見計らって、今年の年賀状素材について書くことにする。

今年の年賀状素材には少々苦心した。干支だとはいえ、蛇の画像というのはあまり気持ちの良いものではないからである。かわいいイラストならともかくとして、リアルな画像では新年早々嫌がられるのがオチである。それで、素材は用意してあったのだが、直前まで、これを賀状に入れて送って良いものか、やや迷わないでもなかった。

その素材というのは、これである。

木母寺(墨田区堤通)。

木母寺

判らない人のために説明しておくと、これは宇賀神という。人頭蛇身の神で、それが弁財天と習合したものらしい。

木母寺

アップにしてみると、柔和な、なかなか良い顔つきをしている…とはいっても、知らない人が見れば、気味悪がられるかもしれない、と思いながらも、結局、ほかのネタもなく、時間切れでこれを使うことにした。
この写真入りの賀状を落掌された方は、お目出度い、正月らしい素材なのだから、その旨ご諒解のほど、希う。

ところで、一番上の写真がやや引き気味なのには、理由がある。水か、お神酒かは判らないが、こんなものが供えられていたからである。

木母寺

木母寺

心の籠ったお供え物が一緒に写り込んでいるのは、写真に風情を添えるものだが、これはちょっと…。
撮影の間、ちょっと脇へ除ければ良いのだろうが、ゴミが落ちていたりするのならともかく、人がわざわざ供えたものに手を付けるのも気が引けるので、写らない角度で撮ったのである。

ほかにも、何だか場違いなものが、飾られているお寺ではあるのだが…。

木母寺 木母寺

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)

>知らない人が見れば、気味悪がられるかもしれない

確かに気持ち悪いですね。
こちらの高校生の言葉で言えば「キショッ」の一言で片づけられそうですが・・・

これを作った人はそんなことは考えていなかったんでしょうね・・・
[ 2013/01/07 22:52 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

> 確かに気持ち悪いですね。

やっぱり、そうですかねぇ。出しちゃったものは取り返しが付かないですが…。
[ 2013/01/07 23:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/658-0d5eb527










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。