稲荷神社(港区高輪)

泉岳寺の駅のそばに稲荷神社があるのはいろいろな方の書いているブログ等の記事で知っていたが、もう少し目立たないところにあるのかと思っていた。が、駅を出たら真正面、交差点の角、すぐに目に着く場所に建っていた。

明治時代の神仏分離まではここも泉岳寺の境内だったという記述も見られたが、我が家にある寛政の古地図(もちろん複製)を見ると、現在と同じく泉岳寺とは別々になっている。別当が神主を兼ねていたということはあるかもしれないが、実際のところ、どうだかは判らない。

稲荷神社(港区高輪)。

稲荷神社

こんな入口から登って行く。

稲荷神社

階段を登り切ると、社殿がある。

稲荷神社

狛犬。大分痛みは激しいが、明治後半くらいだろうか。

稲荷神社 稲荷神社
稲荷神社 稲荷神社

神社の建物(ビル)自体は明治以前ではありえないから、改築の際に、どこかに保存しておいて、わざわざ持ち上げて設置されたのだろう。改築と同時に―特にこういう近代的建築になる場合―、境内にあったものが処分されてしまうことの少なくない中、好ましい例である。

2体で1対の狐…なのはふつうだが、くっついているのは珍しい。

稲荷神社

さて、参道…というか、ビルの階段を昇って行く途中に、こんな看板が…。

稲荷神社

この階段の途中に社務所があり、お参りするには絶対にそのすぐ前を通らなければならない。通路の幅は2メートルほどだから、社務所にいれば、参拝者は100%チェック可能。僕のような不信心者には、少々入りにくい気がするくらいである。
こんな条件の神社で、狛犬に上ったりするのには、相当に太い神経が必要である。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2013/02/05 22:03 ] 狛犬 東京/港 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

確かにここの神社、「本当に入っていいの」って感じですよね。
くっついている狐は珍しいものだと思います。
[ 2013/02/06 07:31 ] [ 編集 ]

Re: たっつん さん

入口が目立たないですしね。泉岳寺駅側からは目立ちますけど、逆から来たら通り過ぎてしまうかもしれません。
狐は、珍しいし悪くないけれど、背中合わせなのはどうなんだろうか? と思わないでもありません。
[ 2013/02/06 11:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/674-9c6e03bf