銚子電鉄

銚子電鉄:自主再建を断念、市などに支援要請 震災打撃

銚子電気鉄道(千葉県銚子市)は1日、東日本大震災以降の経営難から、自主再建を断念、地元の銚子市や県などに支援を要請していると発表した。今後、同市出身の企業家らが設立した財団法人などから資金援助を得たり、運行と線路などの施設管理の主体を分ける「上下分離」を実施したりして、経営刷新を進める。

銚子電鉄は創立90年。銚子-外川間6.4キロを1~2両編成の電車が1日33往復し、名産の「ぬれ煎餅(せんべい)」の生産・販売などで近年の経営難を乗り越えてきた。

しかし震災後、風評被害による観光客減少などで11年度の乗客は約48万人と前年度比23%減。13年3月期の経常損失は数千万円規模の見通しで、車両や電機設備の交換資金も不足する状況という。

こうした経営危機から昨年末、「自主再建路線」を進めてきた小川文雄氏が社長を退任。かわりに就任した税理士出身の竹本勝紀氏は、昨春、市内の企業支援のため設立された財団法人に資金援助を求めるほか、市や県へも支援要請するという。

記者会見した竹本氏は「自主再建路線は不可能と判断した。当面の運行に支障はないが、地域の足として存続できるよう、関係者と協議する」と話した。(毎日jp)


車両検査の費用が足りずに運行停止目前にまでなったのを、副業だったぬれせんの売上で免れたことで有名になった銚子電鉄。銚子好きの僕としては、これは気になるニュースである。
実際に銚子電鉄を知らない人には、「1日33往復」が多いのか少ないのか判断しがたいかもしれないけれども、この規模のローカル線で、30分も待てば次の電車に乗れるというのは、相当利用しやすい状況だろうと思う。
銚電のない銚子なんて…、それでも素敵な街であるには違いないが、魅力の何割かは減退してしまうことは否めない。何とか乗り切って欲しいものである。

支援のために今すぐ乗りに行くというわけにも行かないから、せめて今度錦糸町に行った時に、駅の売店でぬれせんでも買って来ようか。

デハ1002
[ 2013/02/02 21:12 ] 旅・散策 乗り物 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/675-0cde9d5f