かんだやぶそば

老舗かんだやぶそば出火、創業130年 都の歴史的建造物

19日午後7時20分ごろ、東京都千代田区神田淡路町2の10、創業約130年の老舗そば店「かんだやぶそば」から出火、木造の店舗と隣接する建物など計4棟、約190平方メートルに延焼した。警視庁神田署によると、店は当時営業中で、客約20人と店員15人ほどがいたが、避難してけがはなかった。

同店のホームページによると1880年創業。都によると、現在の店は1923年に建設された木造2階建ての数寄屋造りで、都の歴史的建造物に選定されている。建物からは黒煙が激しく上がり、周辺は一時騒然となった。

神田署によると、「ダクトが燃えている」と通報があった。調理中に停電となり、その後、煙が出たという。同署と消防が出火原因などを調べている。

現場はJR秋葉原駅の西約300メートルのオフィスビルや商店が立ち並ぶ地域。(msn産経ニュース)


神保町から秋葉原に掛けては学生時代に随分歩き廻ったところで、この「かんだやぶそば」も、近くの「神田まつや」とともに馴染のある蕎麦屋…と言っても、学生の分際では教授の奢りでもなければなかなか入ることはなかったが、外から眺めるだけでも風情のある建物だった。
池波正太郎好きの方なら、行ったことはなくても、名前くらいは知っているだろう。代々受け継がれて来たそばつゆもあったんだそうだ。残念なことである。
[ 2013/02/20 08:22 ] | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/692-5ea70264