「ひえの山をはたちばかりかさねあげたらんほど」

「富士山の日」のエントリで伊勢物語(9段)を取り上げた、その際に思い出したことを書く。

伊勢物語では、富士山のことを、「ひえの山をはたちばかりかさねあげたらんほど」、つまり、比叡山の20倍ほどの大きさだと言う。
「20個重ね上げる」と言えば、ふつうの国語感覚を持っていれば、上に20個積み重ねることを想起するだろう。高さが20倍、ということである。
が、実際には、富士山3776メートル、比叡山848メートルで、4.5倍程度しかない。
そこで、誇張だとか文学的虚構だとか言われるのだが、どうも国文学の専門家の中には、「文学など嘘っぱちが書かれている」「文学研究は非科学的だ」などと言われることに対するコンプレックスがあるのか、文学作品に書かれていることが事実だということを、何とか証明しようとする人が少なくない。

僕が学生時代のことだが、ある老教授が、「容積を比べると約20倍になるからこの記述は正確だ」という趣旨のことを言っているのを聞いた。当事まだ2年坊主の僕の頭でも、ナンセンスだと感じられるレヴェルの話ではあったのだが、家に帰ってから念のために電卓を叩いてみた。
もちろん富士山と比叡山の正確な容積など判らないが、仮にどちらも円錐形として、「半径×半径×円周率×高さ÷3」の公式を当て嵌めた。
すると、正円錐形だった場合、
 富士山 56.35立方キロメートル
 比叡山 0.64立方キロメートル
となる。容積比は約88倍、老教授の御高説とはだいぶ開きがある。
むろんどちらの山も、正円錐形ということはありえないから、もう少し現実的に、半径が高さの5倍あったとした場合、
 富士山 1408.78立方キロメートル
 比叡山 15.96立方キロメートル
となり、容積は大幅に増える。けれども、容積比が約88倍であること自体は、両者が相似形の山である限りは変らない。
富士山と比叡山は、言うまでもなく実際には相似形ではないから、この88倍という数字にも然程の意味はないのだけれども、流石に20倍ということがありうるとは思われない。
学者たる者、何の根拠もなくそんなことは言わないだろうとは思ったけれども、その根拠を自分で調べてみるほどの価値も見出せなかったから、その時は「そんなことを言っている人もいる」という程度に止めておいた。

で、これを書こうと思ったのは、先のエントリを書いていてこのことを思い出して、改めて計算をしてみたことに起因する。
今回はExcelに計算式を入れて計算したのだが、最初、間違えて「半径×円周率×高さ÷3」という式を入れてしまった。すると、衝撃の事実が…。
正円錐形の場合で計算すると、それぞれの山の容積(偽)は、
 富士山 14.92立方キロメートル(偽)
 比叡山 0.75立方キロメートル(偽)
となる。これを比較すると、富士山の容積(偽)は、比叡山の容積(偽)のほぼピッタリ20倍になるのである。
老教授、まさか…。

なお、上記の計算が合っているのかどうか、単位が大き過ぎて良く判らない。まぁ、国文学徒の計算能力なんて、所詮はそんなものである。
それはそれとして、確かに言えることは、王朝びとは、富士と比叡の正確な測量もしなかったろうし、容積の計算もすることはなかったろう、ということである。単に、常軌を逸するバカデカイ山を目の前にして、肝を潰したわけである。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/698-6b031b97