山口昌男

「道化の民俗学」文化人類学者の山口昌男氏死去

わが国を代表する文化人類学者で東京外国語大名誉教授の山口昌男(やまぐち・まさお)氏が10日午前2時24分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。81歳。
……
北海道生まれ。東大文学部国史科を卒業後、麻布中学・高校教員を経て東京都立大で文化人類学を専攻。アフリカなど世界各地でフィールドワークを重ねながら、1970年代以降、「中心と周縁」「トリックスター」といった概念を駆使して演劇や音楽、映画、天皇制まで幅広く論じる独自の学風を確立。アカデミズムを超えて各界に大きな影響を与えた。(YOMIURI ONLINE)


僕が学生だった頃には、既にブームは去っていたような気はするけれども、それでも未だ必読だったのには違いない。「トリックスター」の概念は鮮烈で、そういう視点で読むと、この作品にもあの作品にも、いろいろなところにトリックスターを発見することが出来た。
僕以外にも、そういう発見をして喜んでいる人が少なからずいたけれども、そもそも様々な作品(と言ったら矮小化することになるけれども)から帰納した概念を実際の作品に割り戻しているわけだから、発見できるのが当たり前で、発見すること自体には大した価値はない。だから、その内に飽きて止めてしまった。むろんこれは、山口昌男が悪いわけではなく、言うまでもなく読み方が悪いのである。
それでは、山口昌男をどう読むべきか、というと…そんな中途半端な読み方で止めてしまった僕には判らない。これを機会に、読み直してみようか?

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/702-ae2702dd