技術立国と入試科目

何だか大仰なタイトルを付けたが、元より大したものではない。「文系入試も理数必須」でも「理数教育と技術革新」でも何でも構わなかったわけで、昔から僕のことを知っている人なら、ちょっとだけニヤっとしてもらえるかもしれない、という程度以上の意味はない。

文系入試も理数必須 自民提言 技術立国に不可欠

自民党の教育再生実行本部(遠藤利明本部長)が理数教育の充実策として、文系を含むすべての大学入試で理数科目を必須とすることや、小学校の理科の授業をすべて理科専門の教師が行うことを提言することが24日、分かった。日本経済を復活させ、技術立国として「イノベーション(技術革新)」を進めていくには、将来世代に対する理数教育の充実が不可欠と判断した。安倍晋三首相に提出する第1次報告案に盛り込み、夏の参院選公約の目玉の一つにする方針だ。

文系の大学入試では、特に私立大の試験科目は英語・国語・社会の3科目が中心となっている。同本部は、文系の入試に理数科目が加われば中学、高校での理数科目の時間が増え、科学技術系分野に関心を持つ生徒が増えるとの期待をしている。

小学校では、理科の授業について、中学・高校の理科の教員免許を持つ教諭に限定する。

平成25年度の大学入試では、経済不況の影響からか学費の安い国公立大の理系に人気が集まる傾向があった。ただ、同本部は若者の「理科離れ」の傾向が止まったわけではないとみている。小学校教諭には文系学部出身者が多く、児童に対して理科の魅力をうまく伝えられていないのではないかと分析。観察や実験の知識や技術を持つ専科教師が指導することで、児童の理科に対する興味が伸びると期待している。(産経新聞)


これは一体、何を言っているんだか。

「日本経済を復活させ、技術立国として『イノベーション(技術革新)』を進めていくには、将来世代に対する理数教育の充実が不可欠」だということ自体は否定しない。部分的に見れば、必ずしも間違ったことを言っているわけではないところもあるだろう。
が、(僕が完全に文系の人間で、入試に理数科目が必須にされていたら大変なことになっていただろうということは措いておくとして、)この提言は全体的に見れば的が外れている。

文系の入試に理数科目が加われば中学、高校での理数科目の時間が増え、科学技術系分野に関心を持つ生徒が増えるとの期待をしている」…
入試で必須になれば、その科目の授業の時間が増えるのは確かにその通りだろう。
が、課程の抜本的改革をするのでなければ、理数科目の時間が増えれば、その分、その他の科目の時間が削られるのである。その分の学力低下の手当てをどうするつもりなのだろうか。授業数を減らさないとしたら、土曜授業を完全に復活したり、教員の大幅な増員や設備の拡充を含めた体制の抜本的な改革が必須である。が、この提言に、そこまでの意識があるようにも思われない。
それに、「理数科目の時間が増え」と「科学技術系分野に関心を持つ生徒が増える」との間には、何の因果関係もないだろう。だいたい、為にする勉強ほど、詰らなくて興味を惹かれないものはない。
理数科目の授業を増やすために、理数科目の勉強をしなければ文系の大学にも受からないようにするというのは、どう考えても邪道である。

小学校教諭には文系学部出身者が多く、児童に対して理科の魅力をうまく伝えられていないのではないか」…
もっともらしいけれども、これも怪しい。
理科の免許を持っている教員は、全員が「観察や実験の知識や技術を持つ専科教師」なのだろうか。理科の教員免許状を取得できる学部学科は多岐に亙っているから、からなずしも小学校で行なう実験の専門家であるとは限らない。
僕は平安朝の散文を専攻した「国語」の専門家だと言って良いつもりだけれども、それを以てまどみちおの詩の魅力を子供たちに向けて語り尽くせるはずだと言われたら、それは甚だ迷惑な話である。
どうしたら理科を魅力的に教えられるかということに目を向けず、理科の免許を持っている教員を連れて来れば上手く教えられるだろう、と考えるのは間違いなく短絡である。

そもそも、「将来世代に対する理数教育」などという深遠な問題を、即席で「夏の参院選公約の目玉の一つ」にしようとすること自体が、不純で浅墓なことだろう。
[ 2013/03/26 23:37 ] 理屈・屁理屈 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

この手の「学校教育をどうにかすればどうなる」というのを見るたびに思うんですが、こういうことを主張する人って、そんなに学校教育の影響を受けたんですかね。
もちろん、最初に触れる教養が学校であることは間違いないですが、それ自体は昔とたいして変わっていないのに、今理科離れしているというのなら、別の要因を考えるべきですよ。
教育を生業にしている僕がいうことじゃないけど。
[ 2013/03/29 21:12 ] [ 編集 ]

Re: 中川@やたナビ さん

功利的に考え過ぎているんじゃないかと思いますね。
技術立国のために理科を勉強させる、というのは、国際人を育てるために小学校から英語を必修にする、というのと同じような発想でしょう。
[ 2013/03/30 23:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/707-0e4b6311