レイ・マンザレク

少し前のニュース。

ドアーズのキーボード奏者R・マンザレク氏死去、胆管がんで闘病

[ロサンゼルス 20日 ロイター]米国の伝説的ロックバンド「ドアーズ」のメンバーで、キーボード担当のレイ・マンザレク氏が20日、ドイツのローゼンハイムで死去した。74歳だった。同バンドのマネジャーが明らかにした。
声明によると、マンザレク氏は胆管がんを患い、闘病生活を送っていた。ドアーズのギタリスト、ロビー・クリーガー氏も「友でありバンド仲間のレイ・マンザレクの訃報を聞き、深く悲しんでいる。レイは私の人生においてとても大きな一部であり、会いたくてたまらなくなるだろう」との声明を発表した。


ドアーズにはベーシストが居ず、マンザレクがキーボードでベースラインを弾いていた。奇矯な行動も含めて、ジム・モリソンが注目されるバンドだったと思うけれども、彼もまた、重要なメンバーだった。
ところで、この記事に「同バンドのマネジャー」云々とあるのを見て、ドアーズがまだ活動していたのか、と初めて知った。で、ちょっと調べてみると、何だかだいぶゴチャゴチャしていたようである。
[ 2013/05/23 22:58 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/735-3279bebc