熊野神社(横浜市神奈川区)

先日、親孝行…というほど大仰なものでもないが、老母の関係する会合に、休みを取って参加した、その帰り掛けの寸暇を利用して、久しぶりに神社を訪れた。
実家にいた頃には比較的容易に行けたところだが、東京住まいの今ではそうそう訪れることもできない所である。

熊野神社(横浜市神奈川区東神奈川)。

熊野神社

ここにはかなり大型の狛犬がある。
ただ大きいだけではない。出来も素晴らしい。これだけの力強さが表現されているのは、並大抵ではない。

熊野神社 熊野神社

ただ、この狛犬、少々撮り辛い。というのは、鳥居脇、塀すれすれの位置に設置されているので、撮る角度がかなり限られる。その上、先に述べた通りかなり大型のものである。顔が見え、かつ、全身を収められる場所が、かなり絞られる。
さらに、阿吽とも背後にポールが立っていて、のみならず、すぐ手前には幟が立っていて、これらを外そうとすると、撮る場所はほとんどピンポイントになる。
そんなこんなで漸く撮ったのが、上記の写真である。

大型だけあって、パーツもド迫力である。

熊野神社

子獅子もド迫力。

熊野神社 
熊野神社

台座が本体よりも新しく、製作年代などは彫り込まれていないのだが、脇にある立札によれば、嘉永年間(1848~54)、鶴見村石工飯島吉六の作である。
台座が新しいのには理由があって、昭和20年の横浜大空襲で焼かれた後、GHQにこのあたりが接収された関係で、この狛犬は土中に埋められてしまったらしい。それを、10年以上の後に掘り起こして設置する際に、台座を新調したのだそうである。

ところで今回、立札がもう1枚増えていて、平成21年7月「狛犬修復」というのがあった。どこを修復したのかは判らないが、それだけ大切にされているということだろう。
所々白っぽくなっていて、それが修復の跡かとも思ったのだが、20年近く前に撮った写真を見たら、その時点ですでにそういう状態だった。

熊野神社 熊野神社

いやあ、満足。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2013/06/02 00:07 ] 狛犬 神奈川/横浜 | コメント(4) | TB(0) |  TOP△

隅々まで、細やかな彫りがなされた狛犬さんですね。
去年あたりから、このブログの影響を受けて、あちらこちらの神社で狛犬さんを見ているんですが、こんな細やかな彫りのものは・・・まだ見たことがありませんねえ・・・
[ 2013/06/02 23:07 ] [ 編集 ]

おはようございます。

このあたりはいい狛犬が多いと聞いていますが、素晴らしいものですね。

いつか訪れてみたいものです。
[ 2013/06/03 07:45 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

この狛犬の作者、実はこの世界では超有名人で、とても素晴らしいものを数多く遺しています。中でもこれは、大きくて力強く、かつ細かいところまで良く造られていると思います。
[ 2013/06/03 22:32 ] [ 編集 ]

Re: たっつん さん

このあたりは本当に良い狛犬が多いです。
ただ、京急・JR・東急それぞれの沿線に分れるので、電車で一気に廻るのは大変です。ですので、たっつんさんのように自転車で廻られるのが良いのではないかと思います。
もっとも自分ではやったことがないので、もしかしたら思わぬ高低差で苦戦する、ということがあるやもしれませんが…。
[ 2013/06/03 22:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/736-ce33d971