「心境は十分わかる」

「外国語使いすぎ」NHK提訴の男性に専門家も「心境は十分わかる」

NHKは放送番組や番組名で外国語を使いすぎるのをやめるべきだ-。こんな訴えが名古屋地裁であったことが26日、明らかになった。外国語の乱用で内容を理解できず、精神的苦痛を受けたとして、71歳の男性がNHKに対し141万円の慰謝料を求めたこの裁判。公共放送NHKのカタカナ言葉使用に一石を投じる形となった訴えを、司法はどう判断するのか。

「カタカナで表記すると意味が変わるのか。普遍的な報道に、見栄えや格好良さを求める必要があるのか」。こう話すのは、提訴した岐阜県可児市の任意団体「日本語を大切にする会」で世話人を務める高橋鵬二さんだ。

訴状では、NHKが番組内で「リスク」や「ケア」など、外国語を使わなくても表現できる言葉を多用しており、番組名にも「BSコンシェルジュ」「ほっとイブニング」など外国語を乱用していると主張。視聴者の大部分が理解できる言語で製作されておらず、憲法で保護された知る権利や幸福追求の権利を侵害しているという。

また、「NHKは国家機関が関与する公共放送で、広範囲で視聴できるため影響力が強い」と指摘。公共性の高いNHKが日本語を軽視する姿勢にも強い疑問を呈している。高橋さんは一昨年末、NHKに公開質問状を提出。しかし、回答がなかったため、訴訟に踏み切ったという。

平成14年から18年まで行われた国立国語研究所の『「外来語」言い換え提案』に関わった鳥飼玖美子・立教大特任教授=言語コミュニケーション論=は「新しく導入される外国語は増加傾向にある。さまざまな文化を取り入れる日本語の利点は残しながらも、あらゆる世代が理解できる言葉を選び、残していくべきだ」と話す。

特に、高齢になって利用機会が多くなる福祉分野や医療分野で外国語が多用される傾向があるといい、「公共放送だからこそ、外国語やカタカナ語が苦手な少数派の意見に配慮してほしいと考える男性の心境は十分理解できる」という。

一方、NHKは「訴状の内容を確認していないため、コメントを差し控える」としている。

(msn産経ニュース)


こういう問題は司法がジャッジメント…いや、判断すべきことではないと思うし、判断するにしても勝訴の見込みはまずないだろうと思う。が、「専門家も『心境は十分わかる』」という見出しから、記者の提訴者へのシンパシイ…いや、共感が感じられる記事ではある。
提訴した本人も、お金が取れるとはまったく思っていないだろうけれども、確かに「心境は十分わかる」。

もっとも、「リスク」や「ケア」などということばは、NHKだけではなく、産経だってごくユージョアリー…いや、ふつう(…もう面倒臭いのでやめる)に使っていることばだし、僕もふつうに使っている。もっとわけのわからないカタカナことばだって…。
だから、NHKだけを非難することは到底できないし、ここまでカタカナことばが溢れて来ると、直ちに「外国語を使いすぎるのをやめる」のは難しい。
そもそも、これまでになかった概念で、置き換えるべき適当な日本語がない場合も多々あるわけである。明治時代のようにそれを漢語に置き換えれば良いかと言えば、それでたちどころに意味が判りやすくなるかどうかは疑問である。

そんなわけで、結論はないのだけれども、気になるニュースだったので、取り上げておいた。

カタカナ言葉も確かにわからないのが多いけど・・・それよりもずっとわからないのが、若者言葉。これがテレビから流れてくると・・・ついチャンネルを変えちゃうんですよね。
まあ、見たくはない政治家の顔が出て来ても同じですが・・・
[ 2013/06/28 07:45 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

確かに若者言葉が溢れ返っていると聞いていられないことが多々ありますが、若者同士の間では意味を伝えようという意思はあるんでしょう。それに比べて、カタカナことばを政治家が多用する場合、万人に向かって意味の判らんことを言っていることになりますから、もっとタチが悪いとも言えましょう。
なお、これも同じ『産経』で知ったんですが、30年くらい前、「困ったことだ。これでは日本語がスポイルされる」というジョークがあったんだとか。
[ 2013/06/28 23:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/753-8219a893