Solon Bushi

ザ・ステイプル・シンガーズ (The Staple Singers) は、有名なゴスペルのグループで、ザ・バンドの『ラスト・ワルツ』にも出演している。その演奏がライヴではなく、スタジオ録音されていることの意味が、未だに良く判らないのだけれども、逆にそれが、印象を強くしているとも言えないことはない。
まずはその映像。リック・ダンコの過剰な動きもかなり謎なのだけれども…。



それで、今日の本題だが、そのステイプル・シンガーズが、こんなシングルを出していたことを、最近になって知った。
題して『ソーラン・ロック』。明らかに「ソーラン」と歌っているけれども、原題は何故か「Solon Bushi」。「solon」の発音は「ソーロン」ではないにしても、そこまで大きく口を開けて「ア」と発音するものでもあるまい。

[ 2013/07/07 17:37 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

あれ?結構いいですね、これ。
ヘタにかっこよくしようと思っていないのがいいのかも。
[ 2013/07/10 04:21 ] [ 編集 ]

Re: 中川@やたナビ さん

原曲を崩してないですからね。
何故ソーラン節なのかは謎なんですが、この曲にソウルを感じたのかもしれません。
[ 2013/07/10 08:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/759-9f2ea77c