「役不足」(2)

僕も以前取り上げたことがあるのだが、「役不足」ということばについて、中川@やたナビさんが最近取り上げていた
一見、「力不足」の意味で取れそうな、太宰治の『新ハムレット』の用例。
孫引きすれば、

王。「そんなところだろうと思っていました。さあ、ガーツルード、それでは、わしも一緒に失礼しましょう。いや、なかなか面白かった。ホレーショー、ウイッタンバーグ仕込みの名調子は、どもりどもり言うところに特色があるようですね。」
ホレ。「いやしい声を、お耳にいれました。どうも、此の朗読劇に於いては、僕は少し役不足でありました。」


というものである。

この「役不足」は、ホレイショーが役に満足していない意味で使われているというのである。
この作品は、昭和16年(1941)頃のものらしいから、力不足で役を十分に演じ切れなかったという意味の「誤った」使い方の事例だとしたら、かなり古い例と言って良いかもしれない。が、中川説に従えば、そうではないことになる。これは、僕もその通りだろうと思う。

この作品が書かれた頃には、たぶん「役不足」の「誤った」使い方はまだ発生していなかったのではないかと思う…のだが、そうそう簡単に、それを断言できないところが難しい。
1例でも「誤った」使い方があったら、「発生していなかった」とは言えないから、そう言うためにはありとあらゆる文献に目を通して、用例がないことを確認しなければならないのだが、そんなことは、実際にはできるはずがない。
だから、恐らくその当時の読者が迷いもしなかったであろう用例を探し出しては、さんざ悩んだ挙句に、「これは本来の使い方である」という当り前の結論をひとつひとつ出して行って、状況証拠を積み重ねて行くことが、馬鹿々々しいようだけれども必要なのである。
それで、何となく気になっていた古い用例を取り上げることした。

佐々木味津三の『右門捕物帖』。
ちゃんと調べたわけではないけれども、昭和7年(1932)に発表された作品。同9年(1934)の全集にも収録されているらしい。

「さあ、十手だ。どたばたしねえで、ついてきなよ!」
同時に、つかつかとそこのお勝手口から押し入りました。
「だ、だ、だれだ、だれだ。変なところから黙ってはいりゃがって、どこのやっこだ」
果然、下男とおぼしき若いやっこが飛び出してきて武者ぶりつこうとしたのを、相手になるような名人ではない。
「おまえなんざ役不足だ。用のすむまで、ゆっくり涼んでいろい」
ダッと、あっさり草香の当て身をかまして寝かしておくと、声をたよりに奥座敷を目ざしました。(「子持ちすずり」5)


捕物の名人右門が踏み込んだ時、「若いやっこ」が飛びかかって来る。それに対して右門が「役不足だ」というのだから、「お前じゃ俺に対して力不足だ」と言っている、ごく古い例だと見られないこともなさそうである。
が、ここは恐らく、「俺にとってお前は役不足だ」と言っているので、本来の「役不足」の用例と考えて支障はない。
というよりむしろ、この場面では、冷静に相手の実力を評していることばと考えるより、「お前なんか俺の相手じゃねぇ」というようなニュアンスを読み取って、本来の使い方と考えた方が、適切なのではないか。
[蛇足]
この用例、以前に「青空文庫」で検索して見つけていたのだが、検索しただけで読みもしないで何かを言うのはよろしくないので、ずっとそのままにしていた。
それで今回、このエントリを書くにあたって通読した次第…と言っても、ごく短い作品ではある。

うわっ、前のエントリのことすっかり忘れてました。
「そのときの用例もこれでした。」とか書いてるよ・・・。

僕もあのエントリを書くにあたって、青空文庫を検索したのですが、佐々木味津三は「役不足」が好きみたいで、3つほど用例が出てきました。
そのうち、「右門捕物帖 足のある幽霊」に「そうか、人のしりぬぐいをするなちっと役不足だが、お公儀の面目とあるなら、お出ましになってやろうよ。では、そろそろ出かけるかな」というのがあって、こちらは問題なく正しい用法です。
同じ作家が違う用法を使うとは考えにくいので、やはり正しい用法なのでしょう。

しかし、こういう紛らわしい使い方が、後の誤用に繋がったんでしょうね。
[ 2013/09/30 01:51 ] [ 編集 ]

Re: 中川@やたナビ さん

> 同じ作家が違う用法を使うとは考えにくいので、やはり正しい用法なのでしょう。

そうですよね。しかもこれは、ただ違うだけじゃなくて逆ですからね。

> しかし、こういう紛らわしい使い方が、後の誤用に繋がったんでしょうね。

たぶん、当時の人から見れば紛らわしくすらないんでしょう。自分で書いといて何ですが、今回きちんと読んでいる内に、だんだん正用にしか見えなくなって来ました。
[ 2013/09/30 14:40 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/09/30 19:22 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。
非公開設定にされておりますので詳細は書きませんが、大変参考になりました。
大役を仰せつかった同僚が失敗したのを見て、「役不足」だからやる気が出なかったんだろう、というイヤ味を言ったりしたのが誤用の始まりでは? などという空想をしてみたりしました。
[ 2013/09/30 23:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/811-e6e69245