月の地形図

国土地理院のホームページに公開されている「月の地形図」が非常に興味深い。

国土地理院、月周回衛星「かぐや」のデータを元にした月の立体地図を作成

国土地理院は12月13日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の月周回衛星「かぐや(SELENE)」の観測により得られた月のデータを元にした新たな月の地形図を作成したことを発表した。

今回の提供が開始された地形図は、かぐやに搭載されたレーザ高度計(LALT)を用いて取得された各観測地点の高さデータなどを活用したもので、アジア航測の千葉達朗氏に依頼し、同氏が開発した赤色立体地図の手法を用いて作成された「赤色立体地図」だ。

このほか、「平射図法(陰影なし/あり、濃い色、英語版)」、「メルカトル図法」、「ハンメル図法」、「正距円筒図法」が、(画像形式は同Webサイトにて表示する場合はGIF形式またはPNG形式、ダウンロードする場合はTIFF形式で、いずれも25dpi/50dpi/100dpi/200dpi/400dpi/800dpiのサイズ)提供されているほか、既存データとの比較地図や余色立体メガネをかけて見ることで立体的に見える「余色立体図」、A0判に合わせてレイアウトされたデジタルデータや月の回転動画なども提供されている。(マイナビニュース)


個人的には、メルカトル図法が面白かった。見慣れた方法で、見慣れないものが描かれているからである。ほかの人が面白いと思うかどうかは判らないが…。
一番の売りと思われる「自由に回転させることができる月球儀のような全球の赤色立体地図」は確かに面白い。重いけど…。
「余色立体図」は、余色立体メガネで見ると立体に見えるらしい。さすがに、立体メガネを自作して見るほどの気力はないけれど…。
[ 2013/12/14 14:50 ] 自然・季節 自然 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/840-a37698a0