続・ボブ・ディラン視聴月間(5)

The Other Side of the Mirror:Live at Newport Folk Festival を取り上げて思い出したのだが、我が家に、帯に『ライブ・イン・ニューヨーク1965』と書かれたCDがある。
20年も前のことと思うのだが、今より著作権法がかなり緩やかだった頃、海賊版に近いようなCDが合法的に売られていた。もちろん正規のCDショップではなく秋葉原の路面店などが主だったが。
恐らくLPで出ていた海賊版を、そのままCDに焼きつけたような代物だろうから、音質はそれなりのものであるのは判っていたが、1000円かそこらだったので購入したのである。
家に帰って見てみると、CDのジャケットとCD自体には、Live in Newport と書かれていた。帯も良く見ると、背の部分は「ニューポート」になっている。つまり、件のニューポート・フォーク・フェスティバルの演奏を収めたCDだったのである。

LIVE IN NEWPORT

LIVEINNEWPORT

収録曲は、以下の通り。

1.DON'T THINK TWICE IT'S ALL RIGHT
2.THE LONESOME DEATH OF HATTIE CARROLL
3.MAMA YOU BEEN ON MY MIND
4.SILVER DAGGER
5.WITH GOD ON YOUR SIDE
6.IT AIN'T ME BABY
7.ALL I REALLY WANT TO DO
8.MAGGIE'S FARM
9.LIKE A ROLLING STONE
10.IT TAKES A LOT LAUGH,IT TAKES A TRAIN TO CRY
11.IT'S ALL OVER NOW,BABY BLUE
12.MR,TAMBOURINE MAN
13.DON'T THINK TWICE,IT'S ALL RIGHT

帯とCD本体には、1~11が「LIVE IN NEWWPORT 1965」、13~14が「LIVE IN NEWCASTLE 1965」と書かれているのだが、解説を読むと(インチキくさいCDの割に、不思議なことにきちんと解説が付いている)、1~7が LIVE IN NEWYORK、8~12が LIVE IN NEWWPORT、14が LIVE IN NEWCASTLE だそうである。
問題の NEWWPORT の音源だが、The Other Side of…のDVDと比べて IT TAKES A LOT LAUGH,IT TAKES A TRAIN TO CRY が多い。この音源も、いずれブートレッグ・シリーズとして正式に発売されるのではないかとは思うけれども、それまでは、このCDの価値がないとは言えない。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/889-b28aee17