スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

龍馬の手紙

竜馬暗殺直前の手紙発見=新政府構想に言及、一般家庭で保管

幕末の志士、坂本竜馬が暗殺される直前に書いた手紙の下書きとみられる文書が新たに見つかったと7日、NHKと高知県立坂本龍馬記念館が発表した。東京の一般家庭で保管されていたもので、同記念館や京都国立博物館などが鑑定した結果、直筆であることはほぼ確実と判明したという。
「越行の記」と題され、竜馬が京都で暗殺される近江屋事件の前の10日以内に書かれたとみられるという。本文が739文字あり、土佐藩の後藤象二郎に宛てた手紙の下書きとみられ、大政奉還後の新政府の財政計画や人材について書かれていた。
NHKの番組収録中の街頭インタビューがきっかけで、東京都国立市の家庭のちゃぶ台の下に保管されていたことが分かった。古美術商から買った価格は1000円だったという。(時事通信)


政治だの外交だの科学だの、ロクでもないニュースが多い昨今、これは面白い。
素人が二束三文で手に入れた古いものなど、たいていは「小野小町が鎮西八郎為朝に送った恋文」だの「源頼朝公ご幼少の砌の髑髏(しゃれこうべ)」の類いなのが相場だけれども、中にはこんなこともあるんだな。
[ 2014/04/08 22:45 ] 歴史 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/897-5339a657










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。