ハリケーン

冤罪被害者の元ボクサー、ルービン・カーターさん死去

米国の冤罪(えんざい)事件で19年間服役した元ボクサー、ルービン・カーターさんが20日、前立腺がんの合併症のためカナダのトロントで死去した。76歳だった。冤罪被害者の支援団体関係者が明らかにした。

1960年代にプロボクサーとして活躍したが、66年にニュージャージー州で起きた事件で3人を殺害した罪に問われ、有罪判決を受けて翌年終身刑を言い渡された。

後にこの判決は覆されたものの、76年に再び有罪の判決。85年になってその判決も破棄され、19年ぶりに釈放された。検察側は88年に不服を申し立てていた。

この間にカーターさんを支援する運動が盛り上がり、米歌手ボブ・ディランさんがカーターさんの無実を訴える歌を発表したほか、プロボクサーのモハメド・アリさん、米俳優のバート・レイノルズさんらも支援した。(CNN)


先日の袴田事件の再審決定の報を受けて、「ハリケーン」ルービン・カーターの名を聞いた方もいるだろうが、今度はそのカーターの訃報に接することになった。
カーターの事件は僕が生まれる前のことだから、まったく知らない。ボブ・ディランが彼の支援のために歌った名曲 Hurricane(ハリケーン)によって、そのことを知ったのである。同様の人も、多いだろう。今回の報道でも、ほとんどのものがディランのことに触れていた。
もっとも、ディランが「ハリケーン」に入れ込んでいたのは、一時的なことだったようではあるのだけれども…。
[ 2014/04/21 22:45 ] | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/901-d2c95a04