2億円のメモ

暫く前に1億円でギターが落札されたかと思ったら、今度はメモ書きが2億円で落札されるかもしれないという。

ボブ・ディラン、「Like A Rolling Stone」の手書き歌詞がオークションに

6月NYで開かれるオークションに、ボブ・ディランによる直筆の「Like A Rolling Stone」の歌詞が出品する。専門家によると、ロック関連で最も重要なアイテムであり100万~200万ドル(約1億~2億円)の値がついてもおかしくないという。

歌詞は、ホテル備え付けのメモ用紙4枚に鉛筆で記されており、修正や校正、追加した跡だけでなく、帽子や鳥を描いたイラストも見られる。オークションを開催するSotheby's New Yorkの専門家は「ディランがどれだけ労力を注いでいたか、わかる。その場にいるような臨場感がある」と話している。

歌詞は、3年前にディランから買い受けたという彼の友人で仕事関係者が出品。オークションは6月24日、NYで開催される。

2010年にジョン・レノンの「A Day In The Life」の手書きの歌詞がオークションに出品した際は、120万2,500ドル(当時約1億円)で落札されている。


そんなものが今頃どこから出て来たのかと思ったら、ディランが自分で売ってしまったんだとか。
「修正や校正、追加した跡」が貴重だというのは判らなくもないが、「帽子や鳥を描いたイラストも見られる」ことに、どれほどの意味があるのかは判らない。
こういうグッズにはあまり興味はないのだけれども、ディラン関連のニュースだから、とりあえず取り上げておくことにする。

なお、この記事の文言、「…の歌詞が出品する」とか「…の手書きの歌詞がオークションに出品した際」とか、何だか妙である。「出品される」とあるべきだろうし、百歩譲っても、「…を出品する」だろう。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/906-a7570389