『高等学校 古典B 古文編』

ごく軽いわけがあって、神田の三省堂書店で、『高等学校 古典B 古文編』(三省堂)を買って来た。書名から判る通り、高等学校の国語(古文)の教科書である。
見てみると、実に良く出来ている。僕の認識不足なのだが、高校でこんなにきちんと古文を取り扱っているとは思っていなかった。高校生がこれをきちんとこなしているとすれば、大学の国文学科の学生の過半は足元にも及ばないだろう…いや、国文科の学生は、これをきちんとこなして来ているはずだが…。

それはともかく、教科書は注釈書ではないから、それほど多くの注が付けられてはいないし、現代語訳があるわけでもない。だから、ポイントになるところは高校の先生が説明したり生徒に辞書を引かせたりしなければならない。文法事項も、別途学習させる想定だろうから、個別には付けられていない。

また、生徒に考えさせるべき設問にも、なかなか難問がある。

たとえば、こんな例である。

いづれの御時にか、女御、更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。(源氏物語・桐壺)


これを高校生に判らせるためには、「女御」「更衣」の意味、それが「あまた候」うというのはどういうことなのか、等の説明をしなければならないから、そこまででもひと苦労だろうと思う。
そのうえで、ここには次のような問題が用意されている。

「あらぬ」の下に省略されている語は何か。


問題の回答自体は、指導資料に書かれているとは思うが、それをそのまましゃべるだけ、というわけにも行くまいから、自分でもある程度は調べなければならないだろう。

そこで、披見の容易な主要な注釈書を見てみる。
『日本古典文学全集』の現代語訳「たいして重々しい家柄ではない方で、目だって帝のご寵愛をこうむっていらっしゃる方があった。」
『日本古典文学大系』頭注「位が高く勝れた身分(分際)ではない方(者・人)で。」
『新日本古典文学大系』脚注「たいして重んじられる身分の家柄ではない女性が目立って寵愛を受けておられる(そういう)方がいたことだ。」

どうやら、「方」とか「者」とか「人」とか「女性」とかが省略されていることは判った。いずれにせよ、桐壺更衣と言われる女性が該当する。
これで答えは出たと言って良いだろうが、そのうえで、先生は生徒に理解させるための説明をしなければならない。それが、難しい。

先の『全集』の頭注には、「「が」は主格助詞。逆態接続助詞としての用法は十二世紀以降に発生。」とある。これは、「たいして重々しい家柄ではないけれども」という逆接の表現ではない、という説明なのだけれども、訳には「方で」とある。主格助詞なら「で」とは訳せないはずで、これでは所謂同格である。ここを生徒に突っ込まれたら、答えに窮すことは間違いない。
『大系』には詳しい補注があるのだが、それを見ると、「が」を「指定格(または中止格)」とすべきという説明がある。当否はともかくとして、こんな耳慣れない用語を高校で教えたら、クレームが来ること請け合いである。
『新大系』の注は、「が」を主格助詞として訳しているのは良いのだが、それがために「女性が〜方が〜」ということになって、文脈として判りにくくなってしまっているから、高校生にそれで納得せよ、というのも難しい。
そのほか、『新潮日本古典集成』傍注に「それほど高い身分ではなくて」とあるのだが、「が」が接続助詞「て」に置き換わっている上に、肝心の「省略」については何も書かれていないから、参考にならない。

さて、お手上げである。指導資料様、助けて…になると思うのだが、それは売っていないから、どんなことが書いてあるのかは僕には判らない。

とまれ、高校の先生は、大変なんだな。

>指導資料様、助けて…

その指導資料様が、結構高値でしてねえ・・・
とくに最近はテキストのデータやら、朗読のCDやらいろんなデータがくっついてくるようになって来たんで(しかも購入先が限られている)高くなってしまうのは当たり前なんですが・・・そうそう、最近は小学校の頃担任の先生が持っていた赤やら青で要点や答えが記入されているような教師用教科書なんてものまでついている会社もありますからねえ・・・

指導書はあんまりつかわなくって、忙しいときにちょこちょこって見るぐらいなんですが、印象としては高校の時に使っていた、市販されている教科書ガイドとあんまり変わりのないような・・・

しっかりと使いこなせば別なんでしょうけれど・・・

バブルの時代には、学校の方もどんどん買ってくれたんですが、最近はなかなか買ってくれなくって・・・
[ 2014/06/06 07:11 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

調べてみたら、2万円近くしてました。しかも、それは教科書1冊分。ほかに現代文・漢文があって、更にほかの2学年分も…。元々先生専用のものだから、先生特別割引なんてないでしょうし…。

〉教師用教科書

そんなものがあるんですね。単品なら3千円らしいですが。
でも、自分で書き込んだのならともかく、そんなものが予め書き込まれている教科書で教えていたら、威厳を保てないような気もしますが…。
[ 2014/06/06 23:02 ] [ 編集 ]

教科書は単価が決められてるから、教科書会社は指導書で儲けてるんですよ。
僕の場合、指導書は古典よりも現代文の方を使いました。
古典は調べれば大概のことは分かりますが、現代文の詩だの短歌だの俳句だのになると、調べるのがちょっと面倒くさいんで。

そういえば、昔、CD付きって書いてあったから、テキストのCD-ROMだと思って買ってもらったら、朗読CDでマジ怒りしたことがあります。
書道の場合、必要を感じないので、買ってもらったことありません。

ところで、この「が」ですが、「「あらぬ」の下に省略されている語は何か。」という問題は、要するに主語が省略されているということを暗に言っていて、「が」が主格を表す格助詞であるというヒントになってますね。
考えてみると、なかなか深い問題だと思いましたが、そんなの理解できる生徒に出会ったことはありませんし、実のところ、僕も今初めて知りました。


>教師用教科書なんてものまでついている会社

マジっすか。
でも、あんまり使いたくないですね。
[ 2014/06/10 02:12 ] [ 編集 ]

Re: 中川@やたナビ さん

> 教科書は単価が決められてるから、

確かに、内容の割に極端に安いですから、よほどシェアを獲得できないと儲からないでしょうね。

> 朗読CDでマジ怒りしたことがあります。

今は、指導資料には教科書本文などが入ったDVD-ROMがセットになっているみたいですよ。
以前、テストを作るのに使うんだと誰かに聞いた覚えがありますが、DVDにはテスト問題も入っているようで…。

> 考えてみると、なかなか深い問題だと思いましたが、

深いなんてもんじゃありませんよ。
ここは、「いとやむごとなき際にはあらぬが」だけ見ていてもダメで、「すぐれて時めき給ふ」の下の省略が「方が」なのか「ことが」なのかで変わってきます。また、「方が」とした場合、「が」が主格なのか同格なのか、という問題も出て来ます。
さらに、これを逆接の接続助詞の嚆矢とする意見もあり、絶対的な「通説」はないと思うのですが、指導資料でどういう考え方を「正解」と見做しているのか、そしてそれをどう説明せよとしているのか、非常に興味をそそられるところなのです。
[ 2014/06/10 21:49 ] [ 編集 ]

>よほどシェアを獲得できないと儲からないでしょうね。

書道の方は、印刷が良くないと採用されないし、国語みたいに全員やる教科じゃないんで、そりゃもう血みどろの戦いが繰り広げられてますよ。
自前の印刷所を持たないところはすべて撤退しました。

>今は、指導資料には教科書本文などが入った

当時、それを期待したんですけどね。
後でわかったんですが、著作権を気にしていたようで、教科書会社に電話すると、こっそりフロッピーを送ってきてました。

>「すぐれて時めき給ふ」の下の省略が

ああ、なるほど。

>さらに、これを逆接の接続助詞の嚆矢とする意見もあり、

やっぱりそういう説もあるんですか。
前後の関係からするとそう読みたくなりますもんね。
[ 2014/06/10 23:23 ] [ 編集 ]

Re: 中川@やたナビ さん

> 後でわかったんですが、著作権を気にしていたようで、

今は、著作権の問題は日本文藝家協会が取り仕切っているようで、著作権者には文化庁長官が定める掲載補償金ってえものが支払われているらしいですよ。

> やっぱりそういう説もあるんですか。

いや、これはあんまり認められていないですけどね。
[ 2014/06/11 00:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/912-b85b3ac9