スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

ジョニー・ウィンター視聴月間(番外編)

肘肩の痛みの影響でパソコンに向かう気力が沸かず、ジョニー・ウィンター視聴月間の間が開いてしまっているので、番外編で繋いでおく。

JOHNNY WINTER AND でリック・デリンジャーと組んでロック路線に転換した結果、セールス的には成功したらしいのだけれども、自分のやりたい音楽ができないジレンマからか、ジョニーが薬物に溺れて行き、このバンドは自然消滅する。
その後、デリンジャーは、ジョニーの弟エドガーと組んで活動を続けるのだが、そのエドガー・ウィンター & ホワイト・トラッシュのライヴに、'special surprise' として登場したジョニーの Rock & Roll Hoochie Koo(ロックン・ロール・フーチー・クー)の演奏を収める。

Edgar Winter's White Trash "Roadwork"
  ~エドガー・ウィンター & ホワイト・トラッシュ『ロードワーク』~
(1972年)

ロードワーク(紙ジャケット仕様)

このステージへは、ヘロイン中毒の療養のために入院していた病院から、外出許可を取って駈けつけたのだとも言う。本当かどうかは判らないが、そういう伝説は、素直に信じておいた方が楽しい。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/932-b32d7cb8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。