ジョニー・ウィンター視聴月間(10)

ジョニー・ウィンターには、一体どう評して良いのやら、判断に迷うアルバムがしばしばある。
ブルージーなイージー・リスニングといった体のアルバム。
それも悪くはないけれども、ジョニーである必要性が、あまり感じられない。

"the winter of '88"
  〜『ウィンター・オブ・'88』〜
(1988年)

ウインター・オブ・88

アリゲーターからMCAに移籍して、要求したセルフ・プロデュースも認められず、セールス重視で思ったようなものが作れず、相当不本意なアルバムだったらしい。
この1枚だけで契約解除になるのだけれども、ジョニーはそれがMCAがしてくれた一番良いことだ、と言ったんだとか。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/945-ba999637