ジョニー・ウィンター視聴月間(番外編3)

「ジョニー・ウィンター視聴月間」も、"Step Back" で終わりかと思いきや、最後に番外編をもう1回書く。

"THE PROGRESSIVE BLUES EXPERIMENT"
  〜『百万ドルのブルース・ギター!!/ジョニー・ウィンター登場』〜
(1968年)

百万ドルのブルース・ギター!!/ジョニー・ウィンター登場


番外編として取り上げることにしたのだが、ジョニーのソロ・アルバムには違いなく、リリースは1968年だから、1969年の "JOHNNY WINTER" より前に制作された、ジョニー最初のアルバムである。
それを番外編として取り扱っているのは、これがメジャー・デビュー前に製作されたアルバムだからである。

とはいえ、到底習作という感じはしない。この時点で既に、ジョニーの音楽として完成の域に達している感がある。資金がなかったということもあるかもしれないけれども、シンプルなバンド編成なことによって、ジョニーの良さが全面に押し出されているように思う。
このアルバムを聴いていると、いろいろと紆余曲折はあったけれども、ジョニーの本当にやりたかったのは、アリゲーター3部作とか "LET ME IN" のようなものだったのではないか、と思えて来る。

なお、上に記載した邦題が何時の時点で付けられたものなのかは判らない。また、メジャー・デビュー後に『オースチン・テキサス』というタイトルで発売されていたこともあるようである。

長かった「月間」も、これで終わり。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/960-46618141