『鬼平犯科帳DVDコレクション5』

以前、継続的に買ってしまいそうだと書いた『鬼平犯科帳DVDコレクション』だが、案の定、まんまと継続的に買ってしまっている。とは言え、その時には「明日見る」と書いたくせに、実は家内のために買っているので、僕自身は見ていなかった、のだが…、

鬼平犯科帳DVDコレクション

「一本眉」は外せなくてこれは見た。

このテレビシリーズは、原作に比較的忠実に作ってあるところも、放送当時評判が良かった点のひとつだった。原作が、そのままドラマになるように書かれているということもあるのだろう。
が、この「一本眉」に関して言うと、原作とはかなり違っている。

ドラマにせよ芝居にせよ、無理に原作との違いを出そうとすると、往々にして失敗するものである。原作が良くできていればいるほど、そういうことになりやすい。「鬼平」のシリーズの中でも、何であの名作がこんなものに…と思うものがないわけではない。
が、これは、原作とは違う味わいを出していて、かつ、「鬼平」らしい仕上がりになっている稀有なものだと思う。
記憶は定かでないが、池波存命で、ドラマにも関わっていた時期のものだったかもしれない。

とにかく、これは外せない。
[ 2010/11/15 22:22 ] 古典芸能 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/99-56866c94