『JAPANESE GIRL Piano Solo Live 2008』

昨日今日のBGM。

矢野顕子『JAPANESE GIRL Piano Solo Live 2008

JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 -


1. 気球にのって
2. クマ
3. 電話線
4. 津軽ツアー
5. ふなまち唄 Part II
6. 大いなる椎の木
7. へこりぷたあ
8. 風太
9. 丘を越えて
10. ふなまち唄 Part I


タイトルと曲目から判る通り、矢野顕子のデビュー・アルバム『JAPANESE GIRL』をピアノの弾き語りで再現したライヴ音源である。
このライヴ、わが墨田区の誇る、すみだトリフォニー・ホールで行なわれたものなのだが、残念ながら行けなかった。
iTunesでは聴くことができたらしいのだが、音楽配信にはどうにも興味が沸かないから縁がなかった。それが、漸くCDとして発売されたので、早々に購入した。

名作のセルフ・カバーなど、期待外れに終わるのが定番だけれども、これは完全にリメイクされて、オリジナルとは別の世界を作り出している。
矢野顕子は歌い方が嫌い、生理的に受け付けない、という人には断じて勧められないのだけれども、そういう偏見を持っていないのであれば、聴いてみる価値はある。
[ 2014/11/29 00:05 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/990-33a8d982