スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

「髪毛黒生」

「髪毛黒生駅」に変更? 銚子電鉄、命名権売り増収狙う

鉄道会社なのに「ぬれ煎餅(せんべい)」で有名な銚子電鉄(千葉県銚子市)。そんな鉄道会社が、駅の愛称の「ネーミングライツ(命名権)」を売り出し、12月1日からホームの看板などが変わった。9駅中7駅が売れたが、そのうちの一つが「シュール」「これでフサフサになれる」と話題になっている。その名も「髪毛黒生(かみのけくろはえ)」。なぜ、こんな駅名になったのか?


去年目にして気になったニュースだったのだけれど、今頃になって朝日が記事にしていたので、改めて取り上げておくことにした。
笠上黒生は、知る人ぞ知るタブレット交換が見られる駅で、銚子電鉄の中でも有名な駅のひとつである。
この命名は、ヘアケア商品を発売する企業が命名権を購入したからなのだが、これはあくまでも愛称で、「笠上黒生」の駅名がなくなってしまったわけではないらしい。
今回ネーミングライツで愛称が付けられたのは、犬吠・君ヶ浜・海鹿島・西海鹿島・笠上黒生・観音・仲ノ町の7駅。鄙びたローカル線に似つかわしくない、という気が皆無ではないのだけれども、何より地元の脚として走り続けることがより重要なのだから、温かい眼で見る以外ない。

銚子には、この正月にでも日帰りで行って来ようかと思っていたのだけれども、どうにも都合が付かなかった。その内また行きたいものである。
[ 2016/01/07 21:40 ] 旅・散策 乗り物 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

ふくろう

しばらく前に、柴又帝釈天にお参り…というような殊勝な了見ではなく、観光に行った。
かなり以前に行った時には、もっと閑散としていた印象があったのだが、ずいぶん混み合っていて、大人気観光地の様相を呈していた。むろん、参道の狭さにも混雑の一因はあるのだろうが。

その時に、参道商店街で土産に買って来た木彫りのふくろう。

ふくろう

良く見ると、胎内ふくろうがいる。何でも、外側から彫り込んでいるのだそうである。

ふくろう

(SONY NEX-6 + Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4 & YASHICA ML MACRO100mm F3.5)
[ 2015/11/07 00:16 ] 旅・散策 散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

車掌激走

車掌激走、電車に追い付く 京急北品川駅で置き去り

14日午前0時10分ごろ、京浜急行電鉄北品川駅(東京都品川区)で、品川発京急川崎行き普通電車(6両編成)が、男性車掌(21)をホームに置き去りにしたまま発車した。車掌は約700メートル先にある次の新馬場駅(同区)まで、線路と並行する国道15号をダッシュし、到着して待機していた電車に再び乗って業務を続けた。

京急によると、車掌は北品川駅の出発直前、最後尾の乗務員室から身を乗り出して安全を確認しながらドアを閉め、運転士にブザーで出発可能の合図を出した。その際、アナウンスで使うマイクをホーム上に落としてしまい、拾おうとして乗務員室を出たところ、電車が発車したという。

車掌はすぐに北品川駅の事務室へ行き、運行を管理する司令に報告すると、新馬場駅まで走って向かうよう指示された。

京急は「あってはならないことであり、基本動作を再徹底させる」としている。(産経ニュース)


ミスはミスだけれども、これはなかなかすごい。

北品川と新馬場の間は700メートルもない気もするけれども、それは良しとしよう。
何がすごいといって、列車の遅れが5分だったという点である。終電で、日中より停車時間が長かったのだろうけれども、それにしても速い。
そもそも、この車掌殿、ただ駅間の国道を走っただけではない。
「品川発京急川崎行き」というのは下り列車なのだが、「北品川駅の事務室」は、他の記事によれば上りホームにあるらしい。
とすれば、まず、下りホームの最後部から最前部近くまで行って跨線橋を上り下りしなければならない。
そこで「指令」からの指示を受けた後に改札を出る。
それから国道を走って隣駅に到着。
問題は、よりによってそこが新馬場駅だということである。
新馬場は高架駅で、かなりの段の階段を駈け上ることになるのだけれども、実はそれで終わりではない。
この駅はホームの長さが200メートルほどもあって、車両はその中央付近に止まっている。6両編成なら100メートル程度しかないだろうから、ホームに着いてからまだ50メートル近い距離を走らなければいけない。精神的には、このホームダッシュが、案外きつかったのではないか。

京急電鉄としては件の車掌殿を褒めるわけには到底行かないけれども、実はかなりの人気者になっているだろうことは、想像に難くない。
[ 2015/10/15 23:39 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

ある案内図

あるところの集合住宅の前で見掛けた周辺案内図。

実は、どう考えてもふつう間違えそうもないところにとんでもない間違いがある。これは「北干住」よりひどいと思うのだが…。

地図
[ 2015/10/03 00:06 ] 旅・散策 散策 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

ベンチ

北十間川に掛かる源森橋(東京スカイツリーのビューポイントとして有名)を通り掛かったら、こんなものがあった。

源森橋アートベンチ

家に帰ってから調べてみたら、2011年からあったものらしいのだが、控え目な場所にあるから気づかずにいた。
そもそも、この橋を渡る時はたいてい自転車に乗っているし、見るならスカイツリーの方を見ているし、滅多に通らないし…。

これは、GTSアート環境プロジェクトのひとつ、「GTS Bench ササエル」と題するアートベンチらしい。
なお、GTSというのは、「藝大・台東・墨田」のことだそうである。アートベンチは、アートなベンチ…というのは言わずもがなだが。

源森橋アートベンチ

たしかに、人1人腰掛けられそうな窪みがある。
とは言え、周りには少なくとも目立つような所にベンチである旨の看板はなかったから、それが腰掛けるべきスペースだと容易には判断できそうにない。
それに、「そのくぼみに腰を下ろすと、三人の人間が絶妙なバランスで支えあう」という趣旨なのだそうだけれども、アートな手押し車状の2人は確かに支え合っているだろうが、坐る1人は支えられているばかりである。申し訳なくて、到底坐ることはできない。

源森橋アートベンチ

それにしてもこの2人、どうして鉄柱に向かってアートしているのだろうか。遠慮、慎みなのかもしれないけれども、何だか閉塞感がある。
設置するのにこの位置しかなかったのだとしても、せめて鉄柱に背を向けていた方が、良かったのではあるまいか。

(SONY NEX-6 + Carl Zeiss Sonnar T* E24mm F1.8ZA)
[ 2015/09/06 22:00 ] 旅・散策 散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

成子天神社(その3の上)

成子天神社(新宿区西新宿)。

この神社、久しく工事をしていたのだが、工事が終わったことを知って訪れた…のは、梅の咲いている時分だった。それを、今頃になってアップする。

成子天神社

上の写真の右手前に写っている恵比寿神。

恵比寿神

恵比寿神だけでなく、他の6福神も揃っていた。何とも目出度い。

大黒天 毘沙門天 寿老人
福禄寿 弁財天 布袋尊

七福神は揃ったはずだが、まだいるのは…?

木花咲耶姫命

…と思ったら、木花咲耶姫命だった。

何故か、三柱鳥居に囲まれた井戸。

成子天神社 成子天神社

何だか神々しく見える。むろん気のせいだけれども。

で、何の工事をしていたのかというと…。

成子天神社

今回は、この完成したマンションを見に来た…てなわけはない。

(続く)

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS & Carl Zeiss Sonnar T* E24mm F1.8ZA)

「北干住」?

今朝、新聞で見つけて、ちょっとウケてしまったニュース。

北千住駅が「北干住駅」に、ホーム看板27枚誤植で交換 東京メトロ千代田線

東京メトロは29日、東京都足立区の東京メトロ千代田線「北千住駅」のホームにある駅名表示板27枚が、7月頭から「北干住駅」になっていたと明らかにした。発注の際に「千」と「干」を間違えたのが原因。

東京メトロは原因を詳しく調査中。担当者は「一見すると気付きにくいが、ほかの看板と見比べれば明確な誤りと分かる。お恥ずかしい限り」と話している。

標識はLED照明に更新する際に取り換えられていた。21日に乗務員の指摘で発覚した。近く交換する予定で、応急処置としてシールを貼り修正している。

同駅にある27枚以外の看板や路線名の「千代田線」の表記、同じ路線の「千駄木駅」の看板の「千」に誤りはない。(産経ニュース)


北干住発注の際に間違えたのだとしても、千代田線の駅名表示板であることが判っていて「干」で納品する業者もいかがなものか。
東京メトロの担当者が「お恥ずかしい限り」と言うのはご尤もだけれども、校正の専門家というわけでもなし、「北千住」だと信じて疑わない眼で見ているわけだから、検品時に見逃したとしても、責めるのは酷だろう。

なお、最後の段落の「…誤りはない」だが、本当はもっと重要なところがあって、綾瀬駅と町屋駅の駅名表示板には、「北千住」の文字が入っているはずである。
きっとそれも「誤りはない」のだろうけれども、この両駅と北千住駅の表示板の納入業者が同じだとしたら、なおさら業者側に相当の問題があるように思う。
[ 2015/07/30 23:01 ] 旅・散策 乗り物 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

「鉄」は熱い内に…

もうそれほど熱くはないのだけれども、この前の日曜日、子供を連れて、京急ファインテック久里浜事業所で行われた「京急ファミリー鉄道フェスタ2015」に行って来た。
その時の1枚。

京急ファミリー鉄道フェスタ2015

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
[ 2015/05/29 23:25 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

プチカレーター

まぁ、何だということもないのだけれども、折角写真を撮ったのだから上げておく。

プチカレーター

高低差僅か83.4cm、ギネス認定の、世界で一番短いエスカレーターなんだそうだ。
川崎の地下街アゼリアからモアーズの地下にある川崎市場へのちょっとした段差を楽にするためのバリアフリーの…かと思いきや、エスカレーターの続きには階段がある。

プチカレーター

エスカレーターの工事中に梁が見つかったために途中までしか作れなかったんだとか。
それなら作るのを止めれば良かったのに、とも思うけれども、いろいろ事情があったんだろう。

実用性は限りなく乏しく、ギネスの更新のためにだけこれより低いエスカレーターを作る酔狂な人もいるまいから、世界一であり続けることだろう。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
[ 2015/05/05 23:42 ] 旅・散策 乗り物 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

北品川駅

京急に乗っていると北品川駅の近くに引込線みたいなものが見える、あれは何だろう? と息子が言う。
僕はそこまで注視していないから『引込線みたいなもの』があること自体に気づいていなかったし、気づいたところで気にもしなかったろう。
が、北品川というのは普通列車しか止まらない2面2線の対面式ホームの小さな駅で、片側は民家、もう片側は第一京浜が迫っているような立地だから、周囲に引込線を引いて行くような場所があるようにも思われない。不思議と言えば不思議である。
それで、先日行ってみた。

上り線のホームから品川側を見ると、確かに引込線が…と思ったのだが、ポイントは外されていて、車両が引込線(?)の方に入って来ることは出来ないようになっている。レールもすっかり錆びついているから、長いこと使われていないものと見られる。

北品川

その、使われていない元・引込線(?)の先には、事業用車両が止まっていた。

北品川

資材運搬用の車両に、「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」というプレートが付いているのに息子が気づいた。

北品川

蒲田での工事の際にここを拠点にしていた車輌が、工事完了とともに現役を引退し、それがそのまま残されている、ということなのかもしれない。なお、連続立体交差事業の完成は2012年のことである。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)

【追記】
件の事業用車両について京急ご案内センターに聞いたところ、丁寧にご教示いただいた。
これは「20トンモーターカー」と言って、京急蒲田駅付近連続立体化工事の際に高架橋の部材を運搬していたものだそうである。
今後の用途は検討中とのこと。
[ 2015/04/16 15:34 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。